メインメニュー

イノシシ肉大和煮

別名をぼたん肉と呼ばれ、古くから食べられ続けたイノシシのお肉を、みそ仕立ての大和煮にしました。美味しい猪のお肉をどうぞご堪能くださいませ!

 

いのしし肉と言えば野性味あふれるジビエ料理を想像します。そこでジビエ料理について説明します。
ジビエとはハンターが狩猟によって捕獲した鳥獣を調理したものをさします。主にフランス料理として出されることが多く、近年ではハンターが狩猟した鳥獣もそうですが、珍しいお肉で、さらに供給が余り安定しない鳥獣のお肉もジビエ料理の素材として流通しています。

【いのしし肉】
肉色は赤く、薄切りしてお皿に並べた様子がボタンに似ているからボタン肉とも言われています。食感としては豚肉に近いです。


猪のお肉がボタン肉と呼ばれる理由としては、薄く切った猪のお肉をお皿に並べた時に、赤いお肉が牡丹に似ている事からボタン肉と呼ばれる様になったと言われています。
それではなぜ普通に猪肉と言わずにボタンと呼ぶかというと、奈良時代の隠語からだと言われております。仏教が伝来してから殺生を禁じる風習となり、肉食禁止となった時代がありました。つまり、一般的に猪のお肉だと気づかれない様にボタン肉だったり、ボタン鍋と呼ぶようになったのです。
他にも鹿肉はもみじ肉や馬肉は桜肉等、隠語を用いた呼び名があるお肉があります。

 


猪のお肉は古くから日本人に親しまれています。缶を開けてそのまま食べるのも良いですし、お料理に使っても美味しく召し上がる事が出来ます!

 

自然の物を食し、野山を駆け回る猪のお肉は個性的で、たっぷりの旨味があります。全国的にもファンが多く、鍋や大和煮だけでなく、様々な調理法で食べられています。

 

みそ味での味付け

イノシシ肉に限らず、鳥獣のお肉はみそ味での味付けが多いです。これにはやはり獣肉特有の匂いが関係しております。
獲れたてで、しかも上手に血抜きが出来るのであればそのまま焼いて召し上がったり、部位によっては生で食べる事も出来るそうですが、基本的に調理するとなると、獣の匂いを消す為に味噌を用いて調理します。
その為こちらの様に大和煮として調理して美味しく召し上がる事が可能となりました。一般家庭では余り見かけない調理方法ですが、缶詰では主流の大和煮です。



 

地域によっては御馳走と呼ばれるイノシシ肉です。猪肉好きな方、猪肉を一度は食べたいと考えている方、これぞ旧石器時代から現代まで食べられ続ける猪のお肉です!

 


 

商品詳細

【商品内容】

ボタン肉
イノシシ肉大和煮

内容量:80g

原材料:いのしし肉、水煮筍、みそ、砂糖、生姜、醤油、でん粉、みりん、唐辛子、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、香料、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、乳を含む)

保存方法:直射日光をさけ、常温にて保存してください。


【配送方法】

常温常温で発送

商品コード ht01646

イノシシ肉大和煮80g 猪のジビエ いのししとタケノコの絶妙な味わい【生姜入ぼたん肉】ご当地缶詰 貴重な猪肉【ボタン肉】みそ味 牡丹肉缶【鳥獣いのしし肉】

内容量:80g

価格 ¥748(送料別)

数量

お気に入り商品 お気に入りショップ

友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ

トップ肉製品熊・猪・鹿・トド・アザラシ> イノシシ肉大和煮