メインメニュー

山クラゲ ラー油 300g



中華ナムル丼にしてみました。
野菜と山くらげを和えて、ご飯に載せるだけで出来上がり。

山くらげは基本的に茎の部分を食します。

茎を細く裂いて乾物としたものが山クラゲと呼ばれ、調理の際は、水でもどしてから利用し、歯ごたえがクラゲに似ていることから山クラゲと呼ばれるようになったそうです。

山クラゲは炒め物、和え物、煮物又は漬物などに利用されます。

山クラゲは中国原産のキク科アキノノゲシ属チシャ種の植物で、野菜として利用されています。山くらげは様々な呼び名があり、茎レタス 、ステムレタス、アスパラガスレタス、茎チシャ、チシャトウ、貢菜、皇帝菜、献上菜などとも呼ばれています。
山クラゲはレタスの一種なんですね。
一般的には山くらげは干して乾燥させたものを指す名称として使われています。
日本ではこの山くらげという名称の方が浸透していますよね。
貢菜、皇帝菜とも呼ばれているように昔は王様しか食べることができず、日本に乾燥させたものが輸入され、酢の物やサラダ、和風料理などに使われています。

中国では茎を食べるレタスなんだそうです。
山クラゲにはビタミンEとC、カロテン、カリウム、カルシウムも多く含まれている。
17種類のアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富で、かなり栄養価が高い乾物食材として人気があります。

常温保存ができ、大変便利で良いですね。

そのままでも美味しく召し上がれますが、炒め物、野菜と和えたりしても美味しく召し上がれます。

和風料理、中華料理にも使えます。
ピリ辛がアクセントになってより一層、お料理も美味しくなりますね。



山くらげはいろいろなお料理にもお使い出来ます。
和え物やナムルに炒め物、漬物など等、
のせたり、和えたり、炒めてたり、そのままたべてもコリコリ!
歯ごたえの良いやみつき食感は最高でクセになる美味しさです。

商品詳細

【商品内容】

山クラゲ ラー油 300g


内容量:300g
【原材料】 献上菜、ごま、唐辛子、アミノ酸液、砂糖、食塩、ごま油、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、酸味料、甘味料(ステビア)、着色料(銅葉緑素、カロチノイド、黄4)、増粘剤(グァーガム)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

保存方法:直射日光、高温を避け常温で保存してください
当製品工場では卵、かに、えびを含む製品を製造しています。


【配送方法】

常温常温で発送

商品コード ht01897

山クラゲ ラー油 300g 献上菜・皇帝菜・貢菜・ステムレタス・茎レタスとも呼ばれている山くらげ。コリコリの歯ごたえが堪らなく、ご飯やお酒の肴にもよく合う逸品です。辣油のぴりっ辛が堪りません。

内容量:300g

価格 ¥535(送料別)

数量

お気に入り商品 お気に入りショップ

友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ

トップ北海道産野菜野菜惣菜
トップ漬物・漬物の素漬物> 山クラゲ ラー油 300g