メインメニュー

生干し氷下魚【こまい】北海道産コマイ200g×2袋




「氷下魚」と書いて『こまい』と読みます。その文字通り、主な産地の北海道東部で1月~3月に氷の下に網を入れて漁獲するところから、氷魚、氷下魚という漢字がつけられました。



北に生息する魚で、日本海やオホーツク海、ベーリング海など北太平洋に分布しています。 血液中にマイナスでも凍らない物質を持ち、産卵期は1月から3月。最大で40cm位にもなります。 特徴として、3つに分かれた背びれと、2つに分かれた腹びれ、下顎より上顎が前に突き出ていて下顎に付いているひげが短いことでマダラやスケトウダラと区別が出来ます。


生干しした氷下魚を冷凍します。肉厚のこまいが冷凍している状態でもわかります!!
※おおよその目安ですが、10cm~11cm前後です。


焼いたこまいはやわらかいので身がほぐれ易く、骨も簡単に取り除く事が出来ます。
小骨もないので、小さなお子様にも安全で、とっても食べやすいです!!

※冷めると骨と身がくっつき剥がれにくいですが、電子レンジ等で温めるとキレイに骨を取り除く事ができます。

コマイ釣り

コマイは、道南を除く北海道沿岸に広く生息しており冬の投げ釣りの代表格の魚と言えます。道東では氷上の穴釣りが盛んで冬の風物詩になっています。コマイは夜行性の為、夜釣りの方が有利と言われますが、朝夕マズメ時でも釣れます。
また、群れで行動するため、コマイの群れを探しだすのがいい釣果につながると言われています。
外海が荒れている場合は、港内に入っていることが多いので、チョイ投げで狙いましょう。
砂浜や防波堤でも釣りでは、遠近投げ分け魚のつき場所を探り、アタリが無いときは仕掛けを引いて探ります。アタリがあればその付近に群れがある可能性が高いので同じ場所を狙うといいでしょう。


☆12月~2月頃が釣りシーズンですが、夏にも釣る事が出来ます。
札幌近郊の小樽、石狩等でも釣れるので人気の魚です!!
コマイの40センチ以上をオオマイと言い、オオマイ狙いの釣り人も沢山います

生干こまいの調理法
網焼き氷下魚(こまい)
熱したフライパンに凍ったままのコマイをそのまま置いて、弱火でじっくり焼いて下さい。
良い感じに表面に焦げ目がつけば完成です。
マヨネーズ+唐辛子がオーソドックスですが、天然の塩の味がついているのでそのまま食べても良いですし、レモンを搾ってかけても美味しいです!!
油も必要ではありませんので、本当に簡単に調理ができます。

  • 氷下魚(こまい)のつくね団子
    身をすり鉢で潰し、丸めて網で焼くだけ。タレもいいですが、塩も美味しいです!
  • 氷下魚(こまい)のフリッター
    骨抜きしたコマイに衣をつけて揚げるだけ!!おかずにも、おつまみにもなります。

酒の肴として人気の氷下魚(こまい)は マヨネーズと一味唐辛子をつけて食べるのはもちろん、レモンを搾って食べるのもオススメです!!

商品詳細

【商品内容】

生干しこまい(氷下魚)
北海道産こまい使用

内容量:200g×2袋
原材料:北海道産こまい、塩
保存方法:冷凍(-18℃以下)で保存。解凍後はお早めにお召し上がり下さい。
賞味期限:製造から冷凍90日・解凍後は解凍日含み3日
※おおよその目安ですが、10cm~11cm前後です。


【配送方法】

冷凍クール便:冷凍

※冷凍できない商品との同梱の場合はまとめて冷蔵便で発送致します(冷凍商品は少し溶けた状態でのお届けとなります。その旨ご了承下さいませ。商品到着後はお早めにお召しあがり下さい。)
※常温便、冷蔵便、冷凍便に別けて発送をご希望の場合はご注文時に必ず、お申し付け下さいませ。
(常温便、冷蔵便、冷凍便に別けて発送をご希望された場合、別々に送料が掛かる場合がございます。)

商品コード ms02511

生干し氷下魚【こまい】北海道産コマイ200g×2袋!北の絶品珍味【焼くだけでなまら美味い!】

内容量:200g×2袋

価格 ¥1,134(送料別)

数量

お気に入り商品 お気に入りショップ

友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ

トップ海産物干物(ホッケ・キンキ・カレイ他)> 生干し氷下魚【こまい】北海道産コマイ200g×2袋