メインメニュー

にぼし 150g【カタクチイワシの煮干し、いりこだし】

 


日本の料理でだしをとるのに煮干しは欠かせません!!
アジやサバの煮干もありますが、イワシの煮干が一般的です。

煮干し(にぼし)は小魚を煮て干したもので、主に出汁をとる材料として使われるほか、そのまま、あるいは乾煎りにするなどで食べられています。
カタクチイワシで作ったものが最も一般的で、他にも、マイワシ、ウルメイワシ、 キビナゴ、アジ、サバ、トビウオ(あご)などを原料としたものもあります。
イリコ、じゃこ、だしじゃこなど別の呼び方も多くあります。 にぼし(いりこ)は、主にお味噌汁のだしとして使われることが多く、昔から日本人にとって馴染みの深い食品です。 ダシにすれば、イワシ特有の苦味も無く、とても上品な味に仕上がります。
市販の粉末ダシには出せない味、風味豊かないりこだしとして、いろいろな料理にご利用ください。
また、そのままでもお召し上がり頂けます。

 

北海道から南シナ海までの西太平洋沿岸に分布し、沿岸域の海面近くに大きな群れを作って生息しています。
全長は10~20cmほどで、背中側が青灰色で、腹側が銀白色をしています。
鱗は円形をした「円鱗」(えんりん)ですが剥がれやすく、 漁獲された際に鱗が脱落してしまうこともしばしば。

マイワシ、ウルメイワシと同じくイワシの一種ですが、カタクチイワシは目が頭部の前方に寄っていて、 口が頭部の下面にあり、目の後ろまで大きく開くことが特徴です。
和名の片口いわしも「口が頭の片側に寄っていて、下あごが短く上あごしかないように見える」ことに由来しています。 地方により「背黒いわし」「ひこいわし」等とも呼ばれます。

 

煮干の酸化と油焼け

煮干は煮て乾燥させているだけなので、含まれる脂肪分、油分が酸化していきます。
酸化が進むと油焼けと呼ばれる現象が見られ、煮干の表面が黄ばみだし赤く変色していきます。
そうなると、臭いもきつくなり、味も落ちてしまいます。
冷凍庫や冷蔵庫などの低温で保管すると酸化や油焼けの進行は緩慢になります。
開封後は油焼けを防ぐためにも冷蔵庫に入れておくのがお勧めです。
また、長期保存するのであれば冷凍庫で保存するのがいいでしょう。


 

●ミルで細かく砕いておくと楽にだしが取れます。( お味噌汁二人分にティースプーン山盛り一杯が目安です。)
●香ばしさが欲しい時は、だしを取る前に一度フライパンを使って弱火で煎るといいでしょう。
●煮干しのだしがらは、しょうゆ、砂糖、みりんで煮詰めて佃煮を作ってもいいでしょう。

 

1:1リットルににぼし25~30グラム(みそ汁1杯あたり、にぼし5本)を用意する。
だしが濁ったり余分な味が出るのを防ぐため、頭と腹の部分をつまんでわたを取り、
真ん中の骨の部分から半分に割っておきます。
(時間のあるときにまとめてとっておき、密閉容器に保管しておくと便利です。)

 

 

2:頭とわたを取り除いた煮干しを分量の水に一晩漬ける。
(1晩かける時間が無い場合は、30分程度水につけておきます。)

 

 

 

 

3:鍋に移し替えて弱火で10分ほどコトコト煮ます。
(沸騰させるとアクと臭みが出るので注意してください。)

 

 

 

 

 

4:あくを取り除きキッチンペーパーなどで静かに漉す。


 



その他の煮干しはこちら

商品詳細

【商品内容】

特選 にぼし 150g【片口イワシの煮干し、いりこだし】


内容量:150g
賞味期限:3ヶ月
原材料名:片口いわし(国産)、食塩、酸化防止剤


【保存方法】

直射日光、高温多湿を避けて下さい。

【配送方法】

常温常温で発送

商品コード s04058

にぼし 150g【カタクチイワシの煮干し、いりこだし】国産片口いわし使用のニボシ 栄養満点 特選 にぼし

内容量:150g

価格 ¥540(送料別)

数量

お気に入り商品 お気に入りショップ

友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ

トップ削り節・本節・煮干し煮干し> にぼし 150g【カタクチイワシの煮干し、いりこだし】