メインメニュー

北海道昆布詰合せ4種 化粧箱入り!


昆布は健康食、美容食として最高の「自然食」です。
昆布の国内生産量はほとんど北海道から採取されており、全体のほぼ95%に相当します。

北海道の昆布の産地と種類

昆布は寒流が流れる寒い地域で育ち、日本では14属45種生息しており、北海道の全域と青森、岩手、宮城の太平洋側だけに分布しています。
同じ昆布でも採れる産地によって種類が異なり、昆布の品種は産地で区分され、口当たりや味・特徴等が違い、加工や料理の仕方で、様々な昆布が使い分けられています。

真昆布・羅臼昆布
上品な甘みがあり、濃いコクのあるダシが出るので鍋物にオススメ
利尻昆布
透明で風味の良い高級だしがとれ、会席料理などに使われる。
日高昆布(三石昆布)
濃い緑に黒味を帯びている。柔らかく煮えやすいので、だしにも使われる。
釧路昆布・棹前昆布
煮物、佃煮や昆布巻などに加工される。棹前昆布は春の若い昆布。
ねこ足昆布・がごめ昆布
昆布水、だし等に利用できます。粘りが強く、水溶性食物繊維が豊富。

 

 

昆布は低カロリー、低脂肪でヘルシーな食品です。カロリー摂取の気になる方にうれしい食品です。
健康に必要な食物繊維やカルシウムがたっぷり!
アルカリ性の昆布は、疲れて酸性に偏った体にもよく、ミネラルやビタミン、鉄分、グルタミン酸、カルシウム、カリウム、ヨード、血中のコレステロールを下げてくれるアルギン酸も含まれています。
手軽に栄養豊富な昆布が美味しく召し上がっていただけます。

※昆布漁の様子です。

昆布の表面には白い粉がついている事がありますが、汚れやカビではなくマンニットという旨み成分です。
水洗いしますと旨み成分が流れてしまいますので、 乾いたふきん、又は固く絞った濡れふきんで表面を、汚れやゴミだけ落とす程度に軽く拭くようにして下さいね。
※表面からうまみが逃げるので水洗いは避けて下さい。
※ダシは塩を極少量入れておくと旨みが安定します。

棹前昆布

棹前昆布は通常の昆布漁が始まるよりも早い時期に採った昆布です。
成長した昆布の昆布漁解禁を棹入れというため、その時期の前に採取された昆布なので『棹前昆布』と呼ばれています。
棹入れ前の早い時期に採りますので、実がしっかりつく前の昆布になり、葉が柔らかく厚さが薄いのが特徴です。
また、そういう状態なので早く煮え、野菜のような感覚で気軽に煮て食べられる昆布です。 ※水戻ししたものを弱火で煮あげるのがコツです。
最も幅が広く、肉厚で良質の昆布と言われ、高級ダシ昆布としては上品な甘味をもち、清澄なダシがとれます。
主にだし昆布として使われ、塩昆布、おぼろ・とろろ昆布、切昆布、佃煮などに利用され、結納品などの飾りにも使われています。


羅臼昆布

羅臼昆布は、正式名称、利尻系エナガオニコンブとも呼ばれ、知床半島の南側、羅臼町沿岸で採取される昆布で、真昆布・利尻昆布と並んで三大だし昆布とされる昆布です。
羅臼昆布は他の昆布と比べると濃い味の出汁を取る事が出来る事と、サイズが大きいという特徴があります。
その姿から昆布の王様と呼ばれる程で、希少価値のある昆布なのです。
見た目としては黒褐色か、もしくは薄青い橙色で幅が広くて濃厚な風味です。
羅臼昆布は、とても澄んだ濁りがない少し黄色味がかった出汁が取れます。
コクがあり上品な甘味と香りのある濃厚な出汁が取れるため、湯豆腐・鍋物の出汁昆布に最適です。
他にも、味噌汁や煮物などの料理や、うどんや鍋、等々色々と使えます。 また、やわらかく口当たりが良いので適当な大きさに切り、そのまま食べてもおいしい昆布です。


利尻昆布

北海道の最北端利尻・礼文島を中心に収穫された昆布で、色は真昆布に比べやや黒く、幅は狭く、葉の基部は細いくさび形をしています。
清澄で癖が無く透明で澄んだ上品な出汁が取れるので高級品として扱われます。特に京都の懐石料理には好んで使用されている昆布です。
肉質の堅さと削っても変色変質しない特徴から高級おぼろ・とろろ昆布としても利用されています。
お吸い物の一番出しに最適で、その他湯豆腐などの素材を活かす料理に最適です。
魚の昆布〆などにもお使いいただけますし、ダシをとった後刻んで漬物などに入れても美味しくお召し上がりいただけます。
利尻昆布は繊維が固く、出汁がやや出づらい昆布なので、じっくり時間をかけて出すのがおすすめです。
長時間つけておく水出しだけではなく、火にかけて煮出す場合も1時間程度、ゆっくり時間をかけてると利尻昆布のおいしさが引き出されます。


出汁によし、食べてよしの日高昆布

植物学的な名前としては三石昆布とも呼ばれていますが、主に北海道南部の日高地方で採られた昆布ですので一般的には日高昆布と呼ばれています。
表皮は濃い緑で黒味を帯びており、繊維質は比較的柔らかく、へりには波うちが無く、磯の香りが強いのが特徴です。
身が柔らかく、煮物にすると美味しく、漬物にも使え、だしにする場合は若干色がつき、甘く風味があります。

柔らかい昆布なので、だしをとった後で細く切り、お味噌汁の具材にしたり煮付けて料理にしたりと再利用もしやすい昆布です。
真昆布、利尻昆布、羅臼昆布に比べるとダシの甘みは少ないですが、やわらかく味にコクがあるので、煮物や、出汁昆布、両方の用途で使える日高昆布がオススメです。
煮てよし食べてよし、更に味も良いので色々な用途に使えるという事もあり万能昆布とも呼ばれています。


おいしいだしのとり方

湯だし

水だし

一番だし

二番だし

≪ダシをとるときのポイント≫
※昆布のぬめりやかつお節の臭みが出るので入れてままグツグツ沸騰させないように。
※ダシがにごるのでかつお節は絞らないで。
※密閉容器に入れ冷蔵庫で保存し、2~3日で使い切りましょう。

 

 

昆布をおいしく食べる為のポイント


煮る場合のポイント

昆布の煮炊きはゆっくりと時間をかける事が大切です。気長に昆布のうまみを抽出し、それを他の材料に含ませるようなつもりでじっくりと煮詰めます。


焼く場合のポイント
昆布は厚めのしっかりしたものを選びます。ちょっと薄めのものは2枚重ねにして使います。
使った後は煮込みや佃煮に。


揚げるの場合のポイント
風味の良い揚げ昆布を作りには新しいサラダ油をたっぷり使って、温度が低くならないように170~180度を保ってあげる事が大切です。


あえる場合のポイント
昆布は酢や醤油などであえますが酢との相性はとてもよく、お年寄りにも喜ばれる滋養たっぷりの健康食になります。小さく切ってからヒタヒタの水でもどし、柔らかくして使います。


漬ける場合のポイント
おなじみの松前漬けや千枚漬けの他切り干し大根やかぶ等と漬け込むと大変風味の良い漬け物が出来上がります。


※昆布は煮えにくいものですが、煮しめには水もどししてから弱火で煮上げると柔らかく煮あがります。
煮汁に酢、酒を加えると柔らかく仕上がります。
幅広の昆布を使い、刺身を昆布締めにすると魚の臭いが取れ、昆布の味も染みおいしくいただけます。
どんな漬け物にも少量の昆布を入れると味にまるみが出て独特な風味を楽しめます。

昆布から美味しい出汁をとる事が出来ますので、 日々のお料理に欠かせない存在になるかもしれません。

現代人に不足がちな栄養素がたっぷり!
地元の漁師さんたちの間で健康に大変良いと言われ、食され続けた昆布を是非ご賞味下さい。

商品詳細

【商品内容】

北海道名産昆布4種詰め合わせ


 
原材料名:昆布(北海道産)
内容量:540g

【商品構成】
棹前昆布180g
日高昆布180g
利尻昆布100g
羅臼昆布80g


ギフト使用の場合は包装は無料となっております。ギフト包装の選択オプションでご選択下さいませ。
※買い物かごでラッピング包装をご選択した場合も無料で包装いたします。
※のし・メッセージカードの作成も無料サービスでおこなっておりますのでご遠慮なくお申し出下さいませ。

【保存方法】

直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。

【配送方法】

常温常温で発送

商品コード s04073

北海道名産昆布 4種詰合せ 化粧箱入【北海道産こんぶ】箱入りでご贈答用やイベントの景品にオススメ【日高昆布 利尻昆布 羅臼昆布 棹前昆布】北海道特産コンブ 北海道の厳選された昆布4種を化粧箱に

内容量:棹前こんぶ180g・日高コンブ180g・利尻昆布100g・羅臼昆布80g

価格 ¥3,780(送料別)

ギフト包装の選択 数量

お気に入り商品 お気に入りショップ

友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ

トップ昆布・海藻ギフト用昆布(化粧箱入り)> 北海道昆布詰合せ4種 化粧箱入り!