メインメニュー

あたりめ 裂きタイプ

北海道産の真いかを使用し、すでに切り裂いてある状態なので袋を開けてすぐに美味しい『あたりめ』を食べる事ができます!!


あたりめは元々スルメと呼ばれていたイカの珍味です。あたりめの語源の由来は、スルメという名前が縁起が悪いという事から、あたりめとつけられました。
スルメ=お金をする(お金を使い果たす)というように語感が悪いために江戸時代より言い換えられました。
あたりめは日本では縁起物とされ結納品などにも用いられ漢字で書くと寿留女と表記されます。
地方によっては、古典的な儀式や儀礼の場で扱われており、女性の健康や子沢山の象徴として用いられております。
また、大相撲の土俵にも縁起物として埋められています。


イカの身を切り開いて、内臓・眼球を取り除き、残しておいた足と共に、イカに竹串を通すなどして広げておき、これを天日干し等の日乾や、室内や庫内で火を焚くなどして温度を上げ乾燥させる火乾などの方法で乾燥させると完成です。
簡単に出来そうで結構手間と時間のかかる珍味なのです!!




北海道で獲れた新鮮な真いか(するめいか)を化学調味料、食塩無添加で加工しました。自然のスルメイカの旨みを安心してお楽しみ下さい。

外国産原料、外国産加工と比べて、化学調味料、食塩無添加で安心、安全に美味しくお召し上がりいただけます。
噛めば噛むほど「するめいか」の素朴な味わいと磯の香りが口のなかで広がります。


◎あたりめパスタ
オリーブ油とにんにくを炒め、そこにあたりめとチクワを適当な大きさに切り入れます。香りがついたらパスタの茹で汁を入れ、煮込んでからパスタを投入して和えて完成です。

◎あたりめと大根の煮物
酒:水:醤油(3:6:1)の割合の混合液で一晩漬け戻したあたりめを大根や昆布等と一緒に煮込んでも美味しいです。

◎松前風に
あたりめを細く切り、醤油・酒・みりんと一緒に火にかけます。人参を千切りにして、熱の冷めたあたりめと調味料に入れ一晩置いて細切り昆布を混ぜて完成です。

◎あたりめの炊き込みご飯
あたりめを醤油と酒、みりんに漬け込んでおき、炊き込みご飯に入れる具材を準備します。いつもの具材で構いませんが、ニンジン、タケノコ、しめじを切り、お米をセットした炊飯ジャーに入れます。漬け込んだあたりめと調味料も入れ炊きます。炊き上がったら、しばらく放置して蒸らし、最後に枝豆を入れて彩りを加えて混ぜたら完成です。






♪お好みでマヨネーズ&醤油&七味唐辛子をちょこっとつけて食べても美味しいですよ!
世界中で獲れるイカの四割以上は日本人の胃袋におさまっているそうです。
日本人は烏賊が大好きなんですね!


食べないで我慢するダイエットは大変ですけど、食べるダイエットなら私も続けられそうです!!


商品詳細

【商品内容】

あたりめ 裂きタイプ
【化学調味料・食塩無添加】


原材料名:真いか
原産地名:道南産
内容量:70g

※本品は硬い商品です。お召し上がりの際は歯に気をつけて下さい。
※表面の白い粉はうまみ成分のアミノ酸が浮き出たものです。ご安心の上、お召し上がりください。


【保存方法】

到着後は冷蔵庫で保存して下さい。また、長期保存の場合は冷凍庫で保存して下さい。

【配送方法】

常温常温で発送

商品コード s04089

あたりめ 裂きタイプ 70g【化学調味料、食塩無添加】北海道産するめ(スルメイカ)

※完売御礼!
こちらの商品は販売終了となりました。

内容量:70g

価格 ¥616(送料別)

数量

お気に入り商品 お気に入りショップ

友達にメールですすめる 商品についての問い合わせ

トップ北の珍味(おつまみ)いか> あたりめ 裂きタイプ