メインメニュー

  • 蕎麦打ち道具館
  • 昆布特集
  • 蕎麦打ち通信
  • 北海道特産特集
  • 北の海鮮特集
  • 珍味特集
  • 肉特集
  • スイーツ特集
  • ラーメン特集
  • 漬物特集
  • 海産物
  • 乳製品
  • にんにく
  • ごはんの友
  • 帆立貝柱
  • ししゃも

商品検索はこちら  

お探しの商品は見つかりましたか?商品・キーワードの一部を入力して下さい。

麺を美味しく食べるポイント

~生麺は水分を含むと、くっついたりべたついたりしていたみが早くなります~


●保管について-

☆5℃から10℃の温度が適温で冷蔵庫であれば野菜庫が最適です。
☆冷凍保存の時は二重の袋に1玉ずつ入れる。
(凍るときに冷凍庫内の臭いを吸いやすいため)


●おいしい麺のゆで方-

☆麺は1玉ずつお盆などを利用して手でほぐす。
☆打ち粉(麺の乾燥、くっつきを防ぐため製造時に麺にまぶす粉)を落とし、くっつかないようにする。
☆お湯は必ず沸騰させ家庭用の鍋であれば1度にゆでる数は3玉までとする。
一度にたくさんゆでると麺がお湯を吸ってふくらみ、均一にゆであがらない。
沸騰したお湯に麺を入れた時は箸で軽くかき混ぜ20秒位 蓋をする。(再沸騰を早める為)
☆吹きこぼれそうなときは、60cc程度の差し水をする。
☆一度水を差したら麺が泳ぐように、また吹きこぼれないように火力を調節する。
☆冷凍した麺をゆでる時は、凍ったままゆで、解凍はしない。(解凍すると麺はダンゴ状にくっついてしまう)
家庭用の鍋、コンロでゆでるときは1玉 ずつゆでる。沸騰したお湯に入れたときは麺がほぐれてくるまで(20秒位)箸で混ぜない。



●冷凍保存が出来ます-

☆当店の生麺は全て冷凍OKです。
☆後で使いやすいように1人前づつ小分けにして冷凍されたほうが便利です。
☆冷凍麺の調理方法は解凍せずに凍ったまま沸騰したお湯で茹でてください。
解凍すると麺が余分な水分を吸ってしまい味が損なわれてしまいます。
家庭用の鍋、コンロでゆでるときは1玉づつゆでる。
沸騰したお湯にいれたときは麺がほぐれてくるまで(20秒位)箸でまぜないで下さい。


~ そば ~

☆ゆであげたときには、ざるなどに麺を取りボールで冷水を流しながら手で麺のぬめりを取る。
☆ボールの水は2~3回取り替える。
☆水洗いの後、氷水を麺にかけるといっそうしまりが出ます。



~沸騰してからのゆでる時間~

※だいたいの目安ですのでお好みで調整して下さい。

牡丹そば 約1.5~2分 ごまそば 約1.5~2分
韃靼そば 約1.5~2分 藪(田舎)そば 約4分
更科そば 約1.5~2分 藪そば(細切) 約1.5~2分
うどん(中) 約10分 どばそば 約4.5~5.5分
うどん(細) 約5~6分 冷麺 約2~3分
うどん(太) 12分以上 ラーメン 約2~2.5分
韃靼乾麺 約4~5分